遊ぶ待っとうよ、福岡おもちゃ美術館 準備室日記

福岡おもちゃ美術館は日本最大級。楽しみも最大級ばい!

2021.06.11

2022年春、福岡にオープンするおもちゃ美術館ってどんなところ?スタッフがお届けする開設準備室日記、第2回目です。

福岡おもちゃ美術館は日本最大級。楽しみも最大級ばい!

こんにちは。福岡おもちゃ美術館 開設準備室の石井今日子です。

「福岡おもちゃ美術館」は、新宿四谷の「東京おもちゃ美術館」と同じく認定NPO法人 芸術と遊び創造協会が運営する、日本最大の床面積のおもちゃ美術館です。

東京で大切にしてきたおもちゃと遊び、そのキーワードから広がる芸術、自然、福祉文化のさまざまな活動を、福岡でも「おもちゃコンサルタント」や「おもちゃ学芸員」の皆さんとともに広げて、おもちゃでたくさんの笑顔が生まれ、みんなが元気になる、そんな美術館を目指します。

今回の記事では、3つのキーワードを通して、福岡おもちゃ美術館をご紹介します。

日本最大級のおもちゃ美術館

おもちゃ美術館は1984年に東京で生まれ、7年前から沖縄県、秋田県、山口県など全国各地に姉妹館が増えています。
福岡は10か所目(これから開館する姉妹館も含めて)となり、国内最大級の広さと規模となる予定です。

広い館内には、九州産のスギやヒノキで作ったオリジナルおもちゃ、世界のおもちゃ、おもちゃコンサルタントが選んだグッド・トイなどの他、赤ちゃんおもちゃを集めた「赤ちゃん木育ひろば」、糸のこで木のおもちゃを作る体験もできる「いとのこ工房」、「おもちゃの屋台村」など、大人も子どもも赤ちゃんもおもちゃ遊び体験で夢中になれる、多彩な遊びのコーナーを作る予定です。

子どもがおもちゃで遊ぶ場所?

おもちゃで遊ぶのは、子どもたちだけの特権?
福岡おもちゃ美術館では、大人にもおもちゃの楽しみがきっと見つかるはず。

おもちゃ美術館を訪れるお客様の中には、ご夫婦やカップル、ご高齢の方々や大学生のグループなど、大人同士で遊びに来られる方もたくさん。
最初は、子どもたちが遊ぶのを眺めて遠慮がちにされていますが、遊び始めるとすぐに夢中!
大人だからこそ楽しめるルールのあるゲームや、デザイン性の高いおもちゃ、今注目のSDGsを意識したおもちゃの由来に関心を持ってくださる方も多いのです。

木のおもちゃってあたたかい?

本当?あなたの五感で確かめに来てください。
なんとなくイメージでそんな感じがする、という方はぜひ、実際に触ってみてください。
ただ表面を触ってみるだけではなく、手や指の感触、木の床に手足を伸ばして座った時の包まれる感じ、樹種によって違う匂い、九州の森や山を身近に感じられるはずです。
おもちゃから見える日本の森やサステナブルな未来を、いっしょに探してみませんか?

九州・福岡の木育おもちゃ、世界や日本のおもちゃ、コミュニケーションを生むグッド・トイが、「早くみんなと遊びたい」と待っています。
内装は九州産材をふんだんに使った大人もくつろげるぬくもりある遊び空間です。
みんなで力を合わせて一緒に作る「福岡おもちゃ美術館」、どうぞお楽しみに。

* * *

2022年春にオープンの福岡おもちゃ美術館 開設準備室のスタッフがリレー連載でお届けします。
次回もお楽しみに!

* * *

毎月開催!福岡おもちゃ美術館 オンライントークショー

スタートアップトークショー vol.1
日本中に広がる「おもちゃ美術館」の秘密

● 日時:2021年6月26日(土) 14:00〜15:30
● 参加方法:オンライン(YouTube配信)
● 参加費:無料
●出演:東京おもちゃ美術館 館長 多田 千尋
    福岡おもちゃ美術館 館長 石井 今日子

みんなで作る「おもちゃ美術館」がここからスタート。ぜひ、あなたも参加してみませんか?

【参加申込みはこちらから】

次回の記事はこちらから≫≫≫

≪≪≪前回の記事はこちらから

               

福岡おもちゃ美術館
執筆者2022年春オープン!福岡おもちゃ美術館準備室です
福岡おもちゃ美術館
2022年春オープン!福岡おもちゃ美術館 開設準備室から、スタッフがリレー連載します。

待っとうよ、福岡おもちゃ美術館 準備室日記

この連載の記事一覧へ

遊ぶ知る集まる2021.06.11