遊ぶ【連載】子どもと楽しむ「遊び名人」になろう! 岡田哲也のおもちゃの時間

岡田哲也のおもちゃの時間Vol.14“ぴょん”か“ぴょーん”か?動きとコトバの連動を楽しもう「かえるさんジャンプ」

2020.09.04

【動画】かえるさんを弾いてバケツに入れるゲーム。でも、オノマトペを楽しむ言葉遊びや、ごっこ遊びでも楽しめますよ!

岡田哲也のおもちゃの時間Vol.14“ぴょん”か“ぴょーん”か?動きとコトバの連動を楽しもう「かえるさんジャンプ」

こんにちは。東京おもちゃ美術館ディレクター、おもちゃコンサルタントの岡田哲也です。

絵本のコトバ、その響きやリズムは、しなやかに身体に染みこみ、私たちの様々な感覚を刺激します。
このコトバの持つ響きやリズムを、おもちゃと合わせたら、遊びはもっと豊かになるのではないでしょうか?

コトバの持つリズムを感じながら、たくさん遊んでみましょう!





音からイメージする絵本とおもちゃ(1)「かえるさんジャンプ」

今回のおもちゃ:かえるさんジャンプ(ヴァイキング・トイ社)



4色のかえるさんたちは、指で弾くとぴょーんとジャンプします。
自分の色を決めて、バケツの中に入るように、弾いてみましょう。
弾く場所、使う指によって、飛び方が変わります。
また、ハンカチの上で弾いたり、手のひらの上で弾いたりするなど、弾く場所を変えても、飛び方や感触が変わっておもしろいですよ。

遊びを広げるポイント:オノマトペを使うと動きが変わる

このおもちゃのそばに置きたい絵本をご紹介します。

今回の絵本:『ぴょーん』まつおか たつひで 作・絵/ポプラ社

いろいろな動物が「ぴょーん」と跳びはねる絵本です。
ページをめくるたびに「ぴょーん」の言葉が楽しく繰り返されます。

この「ぴょーん」という言葉に合わせて、かえるさんを動かしてみましょう。
また、「ぴょんぴょん」だったらどうなるでしょうか?
動きを表す言葉によって、おもちゃの動かし方も変わってきますよね。

絵本と一緒に、色んな飛び方を見つけてみましょう。

Let's try ! あなたも遊び名人: かえるはなぜ跳びあがり、どこに行くのか想像しよう

このカエル、なぜ跳びあがるのでしょうか?
どこへ行くのでしょうか?
想像して、親子で話し合ってみましょう。
思いがけずすてきな物語が生まれ、遊びが広がるかもしれませんよ。

*  *  *

9月・10月は、毎週土曜日に開催!ZOOM版「おもちゃの時間」

おもちゃの遊び方は1つじゃない! おもちゃの「アレンジ力」を身につけて、子どもと遊ぶ時間をもっと楽しみましょう。

ZOOM版では、『想像力』をテーマにしておもちゃで遊んだり、
参加者の皆さんのご質問に答えたり、双方向性を活かしたプログラムとなります。

おもちゃ・遊びに関心のある方は、どなたでも無料でご参加いただけます。

★日程・詳細・お申込はこちらから(おもちゃゼミナール申込ページ)

*  *  *

「遊び名人」おもちゃコンサルタントとは

大人が遊び心を持って関わることで、子どもの遊びは豊かになります。

子ども達との幸せな時間を過ごすために、おもちゃ・遊びについてスペシャリストから学んでみませんか?

おもちゃコンサルタント養成講座については、こちらから!



「遊びを見つけるおもちゃの時間」ワークショップを開催しませんか?

講師の岡田哲也がオンラインで開催、もしくは、皆さまの職場やイベント会場へ参ります!
詳しくは「認定NPO法人 芸術と遊び創造協会」までお問い合わせください。

次回は、9/11公開予定です≫≫≫

≪≪≪前回の記事はこちらから!

岡田 哲也
執筆者東京おもちゃ美術館ディレクター、おもちゃコンサルタント
岡田 哲也
東京おもちゃ美術館では展示・イベント等の企画、運営に携わっています。また、「おもちゃインストラクター」「おもちゃコンサルタント(通学/Eラーニング)」養成講座の講師として、全国でおもちゃを使ったあそびの研究・実践・ワークショップを担当。NHK Eテレ『まいにちスクスク』などメディアでも遊びアイデアをご紹介しています。駒沢女子短期大学・植草学園大学 非常勤講師。

【連載】子どもと楽しむ「遊び名人」になろう! 岡田哲也のおもちゃの時間

この連載の記事一覧へ

遊ぶ育む知る2020.09.04