遊ぶ【連載】中華街からおすすめ!ボードゲームのある暮らし

クリスマスプレゼントに!見た目にも楽しいボードゲーム

2019.11.29

もうすぐクリスマス。プレゼントにボードゲームなんていかがですか?ゲーム屋さんの店長による連載、第4回目です。

クリスマスプレゼントに!見た目にも楽しいボードゲーム

さぁ!今年もワクワクのクリスマスシーズンがやってきます。
クリスマスプレゼントはもう決まりましたか?
今年は誰に何をあげようかな。

見た目も豪華で美しいボードゲームは、クリスマスプレゼントにも最適。
箱を開ければその場でみんなで遊べてしまう!
大好きなあの人と一緒に遊べるボードゲームを選びましょう。
きっともっと仲良くなれるよ!
「思い出を作れるプレゼント」それがボードゲームです♪

今回は「美しさと楽しさ」を基準に選んでみました。
キーワードはヨーロッパを感じさせる大人なデザイン。雪、北欧、針葉樹、おばけ、小人。
そんな雰囲気を頭に思い描きながらで選んでいくとムード満点!
プレゼント選びも楽しくなってきますよね。

1:「チケットトゥライド(北欧の国々)」 電車で旅する。雪の降る街を。

各国版がたくさん出ているゲームですが、「北欧の国々」版は、シリーズ中屈指の美しさ。
地域性が反映され、カードに描かれた「電車」の屋根には雪が積もっています。
そんな遊び心溢れる上品なアートも最高ですよね!

あらかじめ秘密裏に配られる「目的地カード」。
その区間に自分の路線をつなげていこう。というゲーム。
有利な線路は早い者勝ちで、相手に先にコマを置かれてしまうと自分は遠回りを余儀なくされる。
結果、目的区間内に路線を完成させられないと減点!となってしまう。

急がば回れと言うけれど、できることなら近道したい。
混みあいそうな近道はしれっと先に押さえるのが勝利のコツ。

後手後手で経営しているスロウリィな店長に近道なんて物はなく、goodusの原稿締め切りを毎度私に連絡してくれる担当さんには、菓子折りを持って陳謝したい。

2:「ノームの村」 働かざる小人、やっぱり働かない。

あるところに魔法使いがおりまして、働かないノーム(小人妖精)を働かせるために魔法のカップを作りましたとさ。

コショウを振るようにカップを思い切り一振り!飛びでる小人コマ!
難しいことはなくて、「カップを振って飛び出た小人コマを数える」ことでゲームが進んでいきます。ノームのお金を沢山稼いだ人が勝ち。

例えば15個のコマの内14個なら大金ゲット!でも15個だと罰金!
なんかね、15個出やすいんですよ。

それならばと、今度は弱めにカップを振ると1個だけ出てくるんですよ。
1個も罰金なんですよ。

ゲームデザイナーに遊ばされている感を感じながらも、ずっと大爆笑。
めっちゃヘンテコな設計のゲームのようなんだけど、実はちゃんと作りこまれていて、しっかり楽しめるゲームになっています。この辺がドイツゲームの凄い所。
遊んでいるとおなかがよじれるくらい笑えます。

小人たちを見ていると思うんですよ。

あーーーーー。働きたくなーい。

3:「クゥワークル」 色・形を合わせてかわいい模様を描こう

「セーターの柄に似ている。」という理由でチョイス。
ふざけているように聞こえるけど、内容もめっっっっちゃ面白いゲーム。
これを家族で遊べれば、それだけで最高のクリスマスになると思います。

6色、6種の形があるタイル。「色か形」がマッチするように自分の手元からタイルを置いていきます。1つの列に同じものは置けません。

その置いたタイルが、「同じ色/形の列の何番目に置いたか」で得点。
例えば上の画像で「青の四角」を置くと「青い横列の5番目だから5点」
「四角の縦列の2番目」なので2点。合計7点とれるという。

「その列の最後の1つ」を置いたら「クゥワークル」という役で追加の点が貰える。
これがとっても気持ちいい。

そんな訳で最後の1つを相手に置かれたくはないので、列の最後が近づくとみんな出し惜しみを始める。ある種「待ち」のような状態が始まります。条件を満たせば、タイルは何枚でも出すことができるので、「手札が揃うのを待つ」。という麻雀のような側面もあります。
そんな事を感じ始めたらこのゲームの魅力に気付いている証拠。

お酒より、ホットコーヒーやミルクティーが合うゲームです。

店長は奥さんとよくボードゲームをしたんですが、このゲームは全然勝てなかったなぁ。

* * * * * *

クリスマスらしい可愛いアートのゲームを集めてみました。
もちろん店長が選ぶゲームです。ちゃーんとどれも面白いゲームばかりです。

そうそう、もう1つおすすめがありました。

11月23日、リゴレから発売しております「ワードスナイパー」に待望の「ワードスナイパー・キッズ」が発売されました。

4歳から始められる入門ルールや、おうちの中から答えを持ってくる「アイテムスナイパー」ルールなども収録し、より小さな子どもたちが楽しめるようになりました。
ぜひお手に取ってみてください。
可愛くて楽しいゲームに仕上がりましたよ♪

詳しくは次回、じっくりご紹介しちゃいます!

クリスマスプレゼントには、ワクワクがぎっしり詰まったボードゲームをオススメいたします!

≪次回の公開は2019年12月25日予定です≫

≪≪≪前回の記事はこちらから!

伸居 智和
執筆者ボードゲーム専門店店主、おもちゃコンサルタント
伸居 智和
横浜中華街のボードゲーム専門店「リゴレ」店長。国内外のボードゲームの販売、ゲームイベント開催のほか、グッド・トイ2019受賞ゲーム「ワードスナイパー」の製造販売を手がける。中華街を隅々まで知り尽くし、おいしいお店情報・知識も豊富。 【リゴレHP】https://rigoler.wixsite.com/rigoler/blank-15

【連載】中華街からおすすめ!ボードゲームのある暮らし

この連載の記事一覧へ

遊ぶ暮らす集まる2019.11.29