暮らす【連載】子どもと一緒に絵本で遊ぼう! とっても簡単手作りおもちゃ

「きんぎょがにげた」דぽんぽんきんぎょ”を作ろう♪

2018.11.02

おなじみの絵本に登場する真っ赤なきんぎょ、親子で一緒に作ってみましょう。連載第2回目です。

「きんぎょがにげた」דぽんぽんきんぎょ”を作ろう♪

今回の絵本は「きんぎょがにげた」です。(作・五味太郎 福音館書店)

この絵本は、読み進めていくときんぎょがいろんなところに隠れているので、「どこどこ?」と一緒に探しながら楽しめる絵本です。
親子サロンMirumiruでも、読むと必ずと言っていいほどみんな指をさしに来て楽しそうなので、スタッフが大型絵本を購入してしまうほど!

記念切手やきんぎょつみきが発売されたり、海外でも翻訳されて大人気の絵本です。

そして、この絵本と合わせてご紹介する工作は、“ぽんぽんきんぎょ”です。

材料

・お花紙:4枚

・新聞紙:1枚

・輪ゴム:3本

・丸シール:2枚

・ビニール袋(マチがあるものだとなおいいです):1枚

使う道具

・セロハンテープ

・目を書くペン

作り方

1.お花紙4枚を、テープでとめて、丸めた新聞紙をその真ん中に置く。

2.まるめた新聞紙をお花紙でくるむ。

3.袋を裏返した後、その袋に2を入れて、わごむでとめ、しっぽの真ん中をテープでとめる。

4.丸シールに目を描きこみ、3にくっつける。

5.2本のわごむを結ぶ。

6.セロハンテープで4に5をくっつける。

完成!

お分かりいただけましたか? 真面目に書きましたが、作り方はほぼ、てるてる坊主です!!
絵本の絵によせてしっぽを2つに分けましたが、それもしなくても大丈夫です! ただ、しないとてるてる感が強くなるのでご注意ください。

息子にも作ってもらいました。

気がついたら勝手にきんぎょ会議を開催させていました。

このにっこり笑顔の後、腕をぶんぶん振ってきんぎょ3匹まとめてヨーヨーをしていました。
3匹まとめてやろうと思えばできるんですね!!

振りが激しすぎて、外側の水色のきんぎょが飛んでいってしまったので、「本当にきんぎょがにげたー!!」と盛り上がりました。

しっぽに、他のきんぎょのわごむをつけて連ねると、こんな風にモビールっぽくすることもできますよ。

ぜひ、自分だけのきんぎょちゃんを作ってみてくださいね。

萩原 知子
執筆者子育て支援施設スタッフ。おもちゃコンサルタント
萩原 知子
おもちゃコンサルタント58期、一児(男の子)の母です。横浜市補助事業「親と子のつどいの広場ともとも」のスタッフ等、子育て支援の活動をしており、主に工作関係の担当をしています。絵本、ものづくりが大好きです!

【連載】子どもと一緒に絵本で遊ぼう! とっても簡単手作りおもちゃ

この連載の記事一覧へ

遊ぶ育む暮らす2018.11.02