遊ぶ【連載】子どもと一緒に絵本で遊ぼう! とっても簡単手作りおもちゃ

「ノンタン ボールまてまてまて」דしんぶんしボールぽーん”を作ろう♪

2019.02.22

連載最終回の絵本は、パパ・ママにも懐かしいロングセラー。作って遊んで、楽しい絵本タイムにしましょう!

「ノンタン ボールまてまてまて」דしんぶんしボールぽーん”を作ろう♪

今回の絵本は、「ノンタン ボールまて まて まて」です。(作 キヨノ サチコ/偕成社)

ノンタンの絵本シリーズ、懐かしいと感じる方もいらっしゃるかと思います。この絵本が発売されたのは1982年の9月だそうです。写真のこの絵本、私が子どものころに読んでもらっていた私の絵本なんですよ。
お話の中でノンタンのボールを探すシーンがあるのですが、「光ってないからこれがノンタンのボールだ!」と得意な気持ちになったこと、息子に絵本を読んであげた時そのページを見て思い出しました。絵本に残る楽しい思い出です。
ロングセラーの絵本は、子どもや孫までずっと一緒に楽しめるのがいいですね。

この絵本と一緒にご紹介したい工作は、“しんぶんしボール ぽーん”です。

材料

・段ボール

・中に絵を描くための紙

・新聞紙

・段ボールに貼る紙(貼らなくてもOKです)

使う道具

・クラフトテープ

・はさみ

・絵を描くもの(ペンや色鉛筆など)

作り方

1.段ボールの底をクラフトテープで止める。

2.段ボールをひっくり返して、4つのふたのうち写真のように3つを内側に折り、クラフトテープで固定する。

3.絵を描いた紙を貼って、段ボールの周りに紙を貼ったら、入れ物のできあがり。あとは、新聞紙を丸めて必要な数のボールを作って完成です。

ちなみに、右の段ボールは肩で背負うことができるようにひもをつけてみました。

また、絵もいろいろあった方が楽しそうだったので、別の段ボールの板に絵を描いた紙を貼りつけて、さしかえられるようにいろいろ作ってみました。

親子サロンMirumiruでは、2グループに分かれて、玉入れのように遊んでもらいました。

箱を置いたままにしてみたり、

みんなが入れやすいように移動してみたり。とっても寒い日でしたが、体がぽかぽかになりました。

また、家では私の「くま」「ねこ」の指示通りに素早くボールをぽーん!

的あてのように、遠くに段ボールを置いてぽーん!

ぽーん!と飛んできたボールを箱キャッチ!

逃げる的を狙ってぽーん!

バスケットボールのように、高い的を狙ってぽーん!

お子さんの年齢によっていろんな遊び方ができますので、ぜひ作って遊んでみてください。

これからも絵本とたくさんの楽しい思い出を作ってくださいね♪

萩原 知子
執筆者子育て支援施設スタッフ。おもちゃコンサルタント
萩原 知子
おもちゃコンサルタント58期、一児(男の子)の母です。横浜市補助事業「親と子のつどいの広場ともとも」のスタッフ等、子育て支援の活動をしており、主に工作関係の担当をしています。絵本、ものづくりが大好きです!

【連載】子どもと一緒に絵本で遊ぼう! とっても簡単手作りおもちゃ

この連載の記事一覧へ

遊ぶ育む暮らす2019.02.22