遊ぶ【連載】和のくらしとおもちゃの四コママンガ「ソフトマゴ」

和のくらしとおもちゃの四コママンガ「ソフトマゴ」12月

2018.11.30

12月は1年を締めくくり、新しい年を迎える準備をする月。おじいちゃんとゾロメくんの歳時記、連載第3回。

和のくらしとおもちゃの四コママンガ「ソフトマゴ」12月

【12月】

年神さま

冬至

羽子板

~羽子板~
羽根つきに使う板で、女の子の遊び道具。
押絵羽子板、書き絵羽子板、焼き絵羽子板など全国に色々な羽子板がある。 そもそも蚊を食べるトンボに似せたもので蚊の退治、疫病除けとして正月に羽根つきをしたのが始まりという説があり、 そこから、飾りのついた女の子の厄除けのお守りとしても売られるようになった。

【参考文献】
・「知っておきたい日本の年中行事事典」 福田 アジオ 他/吉川弘文館
・「三省堂 年中行事事典」田中宣一・宮田登 編/三省堂
・「子どもに伝えたい 春夏秋冬 和の行事を楽しむ絵本」 三浦 康子・かとーゆーこ/永岡書店
・「郷土玩具辞典」 斎藤良輔編/株式会社 東京堂出版
・「『郷土玩具』」で知る日本人の暮らしと心―発見!地域の伝統と暮らし」 (4) 畑野栄三・岩井宏實監修/くもん出版

すぎうら あきら
執筆者イラストレーター、おもちゃコンサルタント
すぎうら あきら
イラストレーター。おもちゃコンサルタント55期。三児の父。愛知県生まれ。主にこども向けのイラストを描く仕事をしています。

【連載】和のくらしとおもちゃの四コママンガ「ソフトマゴ」

この連載の記事一覧へ

遊ぶ暮らす知る2018.11.30