遊ぶ【連載】ギフトのプロに学ぶ!おしゃれな おもちゃの贈り方

おもちゃと絵本は最強タッグ! 組み合わせのアイデアで絵本の世界観を贈ろう

2018.10.19

絵本×おもちゃの組み合わせで、わくわくするような贈り物になります!ラッピングのヒントもご紹介。連載第2回目。

おもちゃと絵本は最強タッグ! 組み合わせのアイデアで絵本の世界観を贈ろう

絵本とおもちゃのマリアージュ

最近、街の書店が大きく変化してきているのを知っていますか? 昔から文房具を扱う書店はたくさんありましたが、 今は「おもちゃ」や「生活雑貨」「音楽・映像」「お菓子などの食品」を一緒に扱うお店が増えているのです。カフェ併設の書店も増え、複合店化がどんどん進んでいます。
そこで今回は「絵本」と「おもちゃ」を組み合わせて、おしゃれに贈るアイデアをご紹介します。

『きんぎょが にげた』×きんぎょがにげた の つみき

きんぎょがにげた絵本とつみき

1977年から現在まで変わらぬ人気の絵本『きんぎょがにげた』(五味太郎 作/福音館書店)ですが、ここに登場するきんぎょをモチーフにした積み木があるのです。その名も「きんぎょがにげた の つみき」。
同じ形、同じ大きさのきんぎょ5匹セット。シンプルだけどいろいろな積み方や並べ方で楽しめます。
そして遊んでいると、ふと絵本を読み返したくなるのです。読んでいるうちに子どもも大人も絵本の世界に入り込んでいきます。そこにぜひプラスして贈って欲しいのがブルーのシフォンスカーフ。

これがあることで空き箱が水槽に、ママのおひざが池に、床が海に…と変化していくのです。
「どっちの手に入ってるか?」
「こっち!」…と開いたパパの手からたくさんの水がこぼれて、中からきんぎょが逃げてきたら子どもは大喜び!
コミュニケーションがうまれます。

きんぎょつみきとシフォンスカーフ

金魚鉢風のラッピング

シフォンスカーフもラッピングに利用して、きんぎょが金魚鉢に入ったみたいに贈っても楽しいですね。

きんぎょがにげたラッピング

『ぐりとぐら』×おままごとセット

ぐりとぐらとおままごと

こちらもロングセラーの代表と言える名作絵本『ぐりとぐら』(中川李枝子 作、大村百合子 絵/福音館書店)。私もこどもの頃から大好きな1冊です。
この絵本を読むとやはりカステラが食べたくなりますね。そこでおままごとのセットと絵本を一緒にプレゼント。

おりがみ、おはじき、ティッシュペーパー…何で作れば、おいしいカステラが出来るかな?
プラスティックのおままごとセットなら外あそびにも使えます。
石ころや葉っぱを集めて楽しく遊んでいたら、森の動物たちも集まってきそうですね。

絵本が見えるラッピングでワクワク感倍増!

ぐりとぐらのラッピング

絵本が額縁に入ったような包み方にすれば、アイキャッチにもなります。
パンケーキの素はおまけのプレゼント。
おままごとで、たくさん遊んで疲れた後は、キッチンで本当のお菓子作りにも挑戦!
心もおなかもしあわせで満たされるでしょう!

武田 真理恵
執筆者ギフト・ラッピングコーディネーター、おもちゃコンサルタントマスター
武田 真理恵
MARIE FACTORY主催。おもちゃコンサルタントマスター、ギフト・ラッピングコーディネーター(TVチャンピオン『ラッピング王』)、造形教室等講師として活躍中。

【連載】ギフトのプロに学ぶ!おしゃれな おもちゃの贈り方

この連載の記事一覧へ

遊ぶ育む暮らす2018.10.19