遊ぶ【連載】親子で楽しむあそびのタネ!おもちゃのタネ!

ママの手は世界一のおもちゃ! 指先からくりだせ親子あそび!

2019.02.15

お金も道具も使わない、準備も不要。ママの手を使って、親子でたっぷり遊びましょう! 連載第6回目。

ママの手は世界一のおもちゃ! 指先からくりだせ親子あそび!

誤飲の心配もなく安心安全。いろいろ遊べるママの手は世界一の万能おもちゃ! 何も無いところでもママの手指を使えば楽しく遊べます。

今日は手さえあればできる遊びを三つ紹介します。

「指先パックンゲーム」

大人が親指と残りの四本指でパクパクとつかむように動かしているところを子どもが揃えた指で横切ります。パックンとつかまれちゃったら負け、のあそび。
右手と左手を使って一人でチャレンジしてもなぜだか難しく、面白く遊べます。
「あんたがたどこさ」のわらべ歌にあわせてパクパク手を動かして「さ」で横切るルールの手あそびにしてもよいですね。
※楽しいスキンシップ遊びなので強くつかんだり痛くしないで遊びましょう。

「くすぐったいオーラ出し遊び」

コチョコチョとくすぐるジェスチャーをして遊びます。
くすぐるジェスチャーをして、どれだけくすぐったがらないでいられるかを競うあそびなのですが、「くすぐったいオーラだぞ。コチョコチョ~!」などと言われて笑い出さない子はまずいません。指1本触ってないのにクスクス、クスクス。自然に笑顔の生まれる遊びです。

「二本指とことこお散歩あそび」

チョキのポーズの二本の指をトコトコと歩くように動かして手のひらや指の上をお散歩させて遊びます。
小指のところで「おや、小さいお山があるぞ。登ってみよう。トコトコ。」
中指のところで「おや、大きなお山があるぞ。登ってみよう。ヨイショ、ヨイショ!」などと指を山に見立てて登ったりします。
てのひらの窪みで「ああ、喉が渇いた。お池があるぞ、お水を飲もう。ゴクゴク。」
手のしわで「川があるよ。飛び越えよう!ピョン!」などと遊べば、いくらでもお散歩は続きます。病院の待ち時間などに役に立つ遊びです。

気に入ったあそびはお友達にも教えてあげてくださいね!

小さい遊びで幸せの種まき、皆さんもどうぞご一緒に。小さい子と遊ぶのって楽しいですよ!

山口 裕美子
執筆者おもちゃ・あそび・造形講師、おもちゃコンサルタントマスター
山口 裕美子
おもちゃ・あそび・造形活動を切り口に手作りおもちゃや親子あそびの講師を務める。テレビや雑誌などのあそびの指導・監修も多数。NHK・Eテレ『いないいないばぁ!』では2007~2011年に親子あそびを監修。

【連載】親子で楽しむあそびのタネ!おもちゃのタネ!

この連載の記事一覧へ

遊ぶ育む暮らす2019.02.15